(監督・脚本:安川有果)

映画のオーディションを受けたマチ子。セクハラや#metooの実体験やエピソードがあれば話すという内容だったが、皆、思い出すことに抵抗があり、上手く演じられない。そんな中、マチ子の隣にいた黒川だけは迫真の演技を見せる。マチ子は共に最終選考に残ったが・・・。

第3番「行き止まりの人々」

 瀧内公美

 (黒川瑞季)

マチ子とオーディションで一緒になる。

演技が光る。強き女性。

​吉村界人

​大西信満

(水野圭介)

​近藤芳正

助監督。間島のアシスタント的

ポジション。

​(間島アラン)

#metooやセクハラについてを表現したく

オーディションを開催。

プライベートでは・・。

(板垣浩介)

セクハラで有名な映画プロデューサー。

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン

© 2020 By "Kamata Prelude Film Partners"

  • Twitterの社会のアイコン
  • Facebookの社会的なアイコン